男塾ホテルグループでは
犯罪を許しません。

男塾ホテルグループではご利用頂くお客様に安全で快適なサービスを提供いたします。
しかしながら極稀に下記のような犯罪を犯す方がいらっしゃいます。
このような行為により、常日頃よりご愛顧頂いているお客様にご迷惑をおかけしてしまう場合がございます。
ホテル営業にとって死活問題につながります。
ですので我々は犯罪を許しません。

01 無銭宿泊

    防犯カメラ映像より

    利用料金を支払わない犯人

    フロント精算機でお金を
    支払うふりをして
    猛ダッシュで逃走しました。

    通報しました

    直ぐに警察に届け出を行い、
    捜査をお願いしました。
    防犯カメラ映像より

    また現れた犯人

    フロント精算機でお金を
    支払うふりをして
    猛ダッシュで逃走しました。

    逮捕

    フロントのおばちゃんが見つけて
    警察に通報しました。
    無事逮捕になりました。
無銭宿泊者を確認した際は速やかに顔・特徴などの外見画像を店舗事務所内へ貼り出し(確認できる場合は車のナンバープレートも貼り出し)
近隣店舗へも情報を共有、次の来店時があった場合即通報できるように準備しています

02 窃盗

窃盗事件がありました

ホテルAでブランドバック窃盗した犯人が、後日他のホテルで即日逮捕されました。
お忘れ物を見かけた場合はフロントスタッフまでお声かけ下さいませ、忘れ物がどの様なものであっても持ち帰れば窃盗罪となります。
また、ホテル内の備品を持ち帰る行為も窃盗罪となり発見次第警察へ通報いたします。

03 違法薬物

お部屋で違法薬物使用がありました。

お部屋で薬物使用(覚醒剤、シンナー)通報後、警察による現場確認後、現行犯逮捕となりました。
ホテル側での判断にご利用をお断りさせて戴くか、状況により通報させて頂く事もございます。
また、過度の泥酔による器物損壊につきましても同様となりますのでご注意下さい

04 強制わいせつ

強制わいせつ・不同意性交・売買春違反

通報を受け、警察に情報提供致しました。
ラブホテルはお互いの同意かつ法令をお守り戴きご利用頂くのが原則となっています、
男塾では被害届の提出が有り要請があった際には警察の指示に従い画像データ、
お支払い時の情報(メンバーカード)等を速やかに提出致します

05 詐欺・契約不履行

人数を偽って宿泊・休憩など

結論から言いますと、ホテルの部屋に既定のお支払い金額に含まれていない
宿泊者(2名様まで)以外が出入りした場合は不法侵入(建造物侵入罪)、出入りさせた宿泊者は
建造物侵入罪の共同正犯または幇助犯に問われる可能性があります。
また、ホテルに「二人で宿泊する」と人数を偽り、定員以上の人を
無断で利用・宿泊させた宿泊者は詐欺罪とし通報いたします。

06 物損など

故意による激しい汚損・損壊

お客様のご利用後、客室清掃対応では復帰できないレベルの状態であった場合、
場合によっては損壊罪とし通報、損害賠償を請求させていただく事になります。
ホテルを検索
Return top.

BOOK A HOTEL ROOM

ホテルを予約する

6

2024

SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18

7

2024

SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT

8

2024

SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT

お問い合わせはこちらから お問い合わせ内容確認 お問い合わせを送信しました お問い合わせの送信に失敗しました
お手数ですが最初からやり直してください

お名前

メールアドレス

ホテル名

お問い合わせ内容

※ご予約済みの内容などお急ぎのお問い合わせにつきましてはお手数ですが直接店舗へお電話頂けます様お願い致します。